<米国株情報>マクドナルド、AIベンチャーのダイナミックをマスターカードに売却へ

株式

2021/12/23 10:41

 マクドナルド<MCD>は21日、イスラエルのAI(人工知能)ベンチャー子会社ダイナミック・イールドをクレジットカード大手マスターカード<MA>に売却することで合意したと発表した。売却額など金銭的な条件は明らかにしていない。売却手続きは22年上期(1-6月)に完了する予定。

 ダイナミックは19年7月にマクドナルドによって約3億ドル(現在のレートで約340億円)で買収され、マクドナルドの商品トレンドや店舗の混雑度、天候などのデータをAIで分析し、顧客に個別化したメニューを表示するシステムを開発。同様のシステムをスウェーデンの家具販売チェーン大手イケアや仏アパレル大手ラコステなど全世界で400社超にも提供している。

 マスターカードでは、加盟店に提供している顧客分析ツール「テスト&ラーン(Test&Learn)」や顧客向けロイヤルティプログラム「セッションM」などの既存の体験型ソフトにダイナミックのデータを活用し、既存サービスの改善や新たなサービスを提供していく考え。

<関連銘柄>

 NASD投信<1545.T>、NYダウ投信<1546.T>、上場米国<1547.T>、

 SPD500<1557.T>、NYダウ<1679.T>、NYダウブル<2040.T>、

 NYダウベア<2041.T>

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ