マザーズ指数が急反落、再び主力銘柄に売り=新興市場・13日

 マザーズ指数が急反落。前日の反騰相場から一転、再び主力級銘柄に売りが出て、900ポイントを割り込んだ。メルカリ<4385.T>、JTOWER<4485.T>、ビジョナル<4194.T>などが安く、キャリア<6198.T>やHENNGE<4475.T>は大幅安。ジャスダックでは好業績のグラファイトデザイン<7847.T>、放電精密加工研究所<6469.T>などが買われた。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ