13日の米国債券市場見通し=ブレイナードFRB副議長の発言にも注意

債券

2022/1/13 15:45

予想レンジ:米長期債利回り 1.65%-1.85%

 ブレイナードFRB副議長の発言にも注意

 米労働省が発表した12月の消費者物価指数は前年同月比7.0%上昇となり、1982年6月以来の高い伸びに。ただし市場予想通りであったことで、米長期債利回りは低下する場面もあった。結局、米長期債利回りは1.74%に小幅上昇した。

 13日東京時間の米長期債利回りは1.74%。本日の米国の12月卸売物価指数の発表、さらにはブレイナードFRB(米連邦準備制度理事会)副議長の議会での公聴会がある。どちらも要注目か。米債利回りは高止まりが継続か。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ