【株式新聞・正午版】首都圏「まん延防止措置」検討もアフターコロナ物色広がる――カーブスHDに反発余地

 東京など首都圏4都県への「まん延防止等重点措置」の適用検討が伝わったものの、株式市場ではアフターコロナ銘柄を見直す動きが強まっている。オミクロン株のピークアウトを先取りする様相だ。 新型コロナウイル・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ