日経平均は232円高、構成銘柄ではINPEX、清水建設、新生銀行などが値上がり率上位

国内市況

株式

2022/1/17 11:03

 17日午前11時時点の日経平均株価は前週末比232円92銭高の2万8357円20銭。朝方は、前週末に大幅続落した反動から買いが先行した。前週末の米ハイテク株高を支えに値がさの半導体関連株などの上昇も寄与し、一時2万8449円99銭(前週末比325円71銭高)まで上伸した。その後は伸び悩み商状となっている。

 日経平均構成銘柄では、INPEX<1605.T>、清水建設<1803.T>、新生銀行<8303.T>などが値上がり率上位。半面、日立<6501.T>、ヤマトHD<9064.T>、資生堂<4911.T>などが値下がり率上位。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ