TSIHDが3日ぶり反発、22年2月期の連結利益予想を上方修正

株式

2022/1/17 16:11

 TSIホールディングス<3608.T>が3日ぶりに反発し、33円高の360円を付けている。前週末14日引け後、22年2月期の連結利益予想を上方修正し、好感された。

 22年2月期業績予想で、売上高は1524億円から1406億円(前期比4.9%増)に引き下げたものの、営業損益を11億円の黒字から24億円の黒字(前期は118億4300万円の赤字)に増額した。売上高は予想を若干下回ったものの、利益面では、仕入および販売コストを抑制するとともに、プロパー消化率の向上に努めたことで、在庫評価損の圧縮分を含めて売上総利益が改善したことも寄与した。

 22年2月期第3四半期(21年3-11月)決算は、売上高が1039億1500万円(前年同期比6.9%増)、営業損益は51億8000万円の黒字(前年同期は82億7100万円の赤字)だった。

 17日の終値は、前週末比18円高の345円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ