サムティが3日ぶり反発、22年11月期は大幅な営業増益を予想

株式

2022/1/17 16:13

 サムティ<3244.T>が3日ぶりに反発し、106円高の2213円を付けた。前週末14日引け後、22年11月期の連結業績予想を発表。大幅な営業増益見通しを示し、好感された。

 22年11月期業績は、売上高1400億円(前期比54.8%増)、営業利益180億円(同90.2%増)を予想する。不動産開発事業、不動産ソリューション事業では、引き続き物件の開発、取得を推進。海外事業では、ベトナム・ハノイにおける住宅販売について、同国における新型コロナウイルス感染症の状況を注視しつつ事業を推進する。

 21年11月期決算は、売上高が904億6000万円(前期比10.5%減)、営業利益が94億6100万円(同45.5%減)だった。

 17日の終値は、前週末比19円高の2126円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ