<相場の読み筋>1月26日

2022/1/26 7:45

 25日の米国株式は、反落した。NYダウが前日比66.77ドル安の3万4297.73ドル、ナスダック総合指数が同315.835ポイント安の1万3539.295ポイントで取引を終了。出来高概算は、NY市場が11億5395万株、ナスダック市場が48億689万株だった。FOMC(米連邦公開市場委員会)の内容が発表される26日を控え、様子見姿勢が強いなか、ウクライナ情勢の緊迫化を警戒し、NYダウは一時810ドルを超える下げをみせた。売り一巡後は、リバウンド狙いの買いが入り、一時プラス転換する場面もみられるなど、24日と同様に荒い値動きとなった。ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は、アマゾン・ドットコム<AMZN>やアルファベット(グーグルの持ち株会社)<GOOG>、マイクロソフト<MSFT>などが下落し、同指数の重しとなった。

 26日の東京株式は、不安定な値動きが続きそう。日経平均株価は、きのう25日に大幅反落した反動から、買い優勢のスタートが見込まれる。ただ、ウクライナ情勢の緊迫した情勢や、現地26日のFOMCの結果待ちの状況は変わらないことから、手控えムードが広がりそうで、積極的な売買は期待しづらい。引き続き、時間外取引での米株価指数先物の動きに影響される不安定な値動きが続きそう。為替相場は、ドル・円が1ドル=113円台の後半(25日は113円88-89銭)、ユーロ・円が1ユーロ=128円台の半ば(同128円71-75銭)と小動き。25日のADR(米国預託証券)は円換算値で、三菱UFJ<8306.T>、三住トラスト<8309.T>、みずほ<8411.T>などが、25日の東京終値に比べ高い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、大阪取引所清算値比70円高の2万7130円だった。

(イメージ写真提供:123RF)

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ