アンジェスが急騰、米アイガー社とHGPSとPLの治療薬で国内独占販売契約を締結

株式

2022/5/11 11:15

 アンジェス<4563.T>が急騰し、一時31円高の366円を付けている。11日の取引開始前、米Eiger BioPharmaceuticals(アイガー社、カルフォルニア州)と、ハッチンソン・ギルフォード・プロジェリア症候群(HGPS)とプロジェロイド・ラミノパチー(PL)の適応症の治療薬である「ゾキンヴィ」(一般名:ロナファルニブ)について、日本における独占販売契約を締結したと発表、材料視された。

 今回に契約に基づき、同社は日本におけるゾキンヴィの独占的販売会社となる。また、日本における薬事承認の取得を担当するとともに、製品をアイガー社から購入。アイガー社に対して、契約一時金および開発進ちょくに応じたマイルストーンの総額として最大150万ドル(約2億円)を支払う。

 午前11時15分時点の株価は、前日比22円高の357円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ