邦チタが急騰し一時ストップ高、23年3月期の大幅増益見通しと配当の増額計画で買い人気

株式

2022/5/11 12:01

 東邦チタニウム(邦チタ)<5727.T>が急騰し、一時300円ストップ高の1653円を付ける場面があった。10日引け後、23年3月期の連結業績予想を発表。大幅な増益見通しに、配当の増額計画を示し、買い人気を集めた。

 23年3月期業績は、売上高810億円(前期比45.9%増)、営業利益82億円(同56.8%増)を予想する。金属チタン事業は、航空機向けスポンジチタン輸出量の回復を主因に、販売量は総じて好調に推移する見込み。触媒事業や化学品事業の販売も、引き続き好調を維持するとみている。業績予想の前提となる為替レートは、1ドル=120円を想定。配当は、中間期11円(前期実績6円)、期末11円(同9円)に合計22円(同15円)に増額する見込み。

 22年3月期決算は、売上高が555億1500万円(前期比53.5%増)、営業利益が52億2800万円(同66.8%増)だった。

 前場終値は、前日比296円高の1649円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ