IHI、豪州のオフグリッドコミュニティにおける分散型電力網の脱炭素化に向けた検討業務を受託

株式

2022/5/16 15:37

 IHI<7013.T>は前週末13日、同社および同社の豪州法人IHI Engineering Australiaが、豪クイーンズランド州営電力会社Ergon Energy Networkから、同州北部の系統電力に接続されていないオフグリッドコミュニティにおいて、分散型電力網(マイクログリッド)の脱炭素化に向けた検討業務(FS)を受託し、検討を開始したと発表した。

 今回のFSは、クイーンズランド州北部のバマガ(Bamaga)・木曜島(Thursday island)において、カーボンニュートラル化に資する発電方法の実現性を検討するプロジェクト。同FSでは、太陽光発電設備や風力発電設備、蓄電池システムなどを検討対象とし,各設備機器を同時制御するエネルギーマネジメントシステムの設計検証などを行うことにより、同プロジェクトの事業性を評価し、評価後の脱炭素発電ネットワーク構築を目指すという。

 16日の終値は、前週末比90円安の3240円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ