昭和電工、「革新的分離剤による低濃度二酸化炭素分離システムの開発」がNEDOに採択

株式

2022/5/16 15:39

 昭和電工<4004.T>は前週末13日、日本製鉄<5401.T>とともに、NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)が公募した「グリーンイノベーション基金事業/二酸化炭素の分離回収等技術開発プロジェクト」に対し、「革新的分離剤による低濃度二酸化炭素分離システムの開発」を提案し、9日に採択されたと発表した。

 同プロジェクトは、30年までの9年間を想定しており、工場排ガスなどに含まれている低圧・低濃度の二酸化炭素を低コストで分離回収するための技術開発および、回収した二酸化炭素を原料に使用した化学品を製造する技術検証に取り組むという。

 16日の終値は、前週末比26円安の2340円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ