17日の東京外国為替市場=ドル・円、129円台前半で推移

マーケット情報

為替

2022/5/17 15:01

 17日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=129円台前半で推移している。国内輸入企業によるドル買い・円売りにより、朝方のドル・円は強含んだ。米長期金利や日経平均株価の上昇も材料にリスクオンのドル買いを支えにジリ高で推移。昼すぎには129円45銭近辺まで上昇した。午後になると今晩の米4月小売売上高など重要経済指標の発表を控えて様子見ムードが広がり、やや上値が重くなったが、下値は限られた。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ