日経平均は507円程度安、採用銘柄の値下がり率上位に郵船、川崎汽、NTTデータなど

国内市況

株式

2022/5/19 14:43

 19日午後2時35分すぎの日経平均株価は、前日比507円程度安い2万6404円前後で推移する。午後2時2分には、同452円97銭安の2万6458円23銭と、前場に付けたきょうの高値(2万6458円85銭)に迫る場面もみられた。為替市場ではドル・円が1ドル=128円80銭台(18日は129円32-34銭)と午後に入り円安方向で推移する。

 日経平均採用銘柄では、値下がり率の上位に、郵船<9101.T>、川崎汽<9107.T>、NTTデータ<9613.T>、ヤマトHD<9064.T>、リクルートHD<6098.T>がランクイン。値上がり率の上位は、IHI<7013.T>、東ガス<9531.T>、日立造<7004.T>、フジクラ<5803.T>、コムシスHD<1721.T>が入っている。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ