光陽社がストップ高カイ気配、23年3月期は営業損益の黒字転換を予想

株式

2022/5/20 11:05

 光陽社<7946.T>が急騰。前日比300円ストップ高の1788円を付け、1月4日の年初来高値1667円を大きく更新した。午前11時3分時点では、同値のカイ気配となっている。19日引け後、23年3月期の連結業績予想を発表。営業損益が黒字転換する見込みを示し、好感された。

 23年3月期業績は、売上高42億円(前期比3.5%増)、営業損益2000万円の黒字(前期は5700万円の赤字)を予想。長年培ってきた経験・知見を生かし、時代のニーズに即した新たな視点での営業提案を行い、新規顧客の開拓と既存顧客の深耕に注力する。さらに、印刷ワンストップ体制を生かした営業やプリントマネジメントの提案で、顧客のニーズ・課題を解決し、より大きな付加価値を提供することを目指す。

 22年3月期決算は、売上高が40億5800万円(前期比6.0%増)、営業赤字が5700万円(前期は1億5400万円の赤字)だった。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ