住友化学、23年3月末をめどに染料事業から撤退

株式

2022/5/20 15:38

 住友化学<4005.T>は19日、大阪工場(大阪府大阪市)にある染料の製造設備を停止し、23年3月末をめどに染料事業から撤退すると発表した。

 同社では、染料事業を取り巻く環境が厳しさを増すなかで、製品の高付加価値化や品目の統廃合、さまざまなコスト削減など事業の構造改革に取り組んできたが、製造設備の高経年化に伴い維持・補修費用が年々増加するなど、今後、中・長期にわたって安定的に収益を確保することは困難と判断した。

 20日の終値は、前日比2円高の526円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ