大成建設、木板のみで鋼管柱を覆い45分間の準耐火性能を発揮する準耐火構造部材を開発

株式

2022/5/20 15:39

 大成建設<1801.T>は19日、木板のみで鋼管柱を覆い45分間の準耐火性能を発揮する準耐火構造部材を開発し、国土交通大臣認定を国内で初めて取得したと発表した。

 今回開発した準耐火構造部材は、鋼管柱の周囲にスギ、ヒノキなどの木板を、接着剤を使用せずにビスだけで緻密に組み立てて覆うことで、必要な耐火性能を確保する。耐火構造部材のような燃え止まり層の設置が不要で、木板だけを使用し現場で容易に施工ができるため、コストを抑えて一定の耐火性能を確保することが可能という。

 20日の終値は、前日比5円安の3825円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ