3Dマトリクが急騰、扶桑薬との製造委受託に関する合意書を締結

株式

2022/6/23 12:36

 スリー・ディー・マトリックス(3Dマトリク)<7777.T>が急騰。22日引け後に、扶桑薬品工業<4538.T>との間で、製造委受託に関する合意書を締結したと発表したことが好感された様子。株価は前日比38円高の341円まで値を上げている。

 同社は、扶桑薬との間で2011年5月23日付けで締結されていた自己組織化ペプチドを用いた吸収性局所止血材の製造委受託契約は20年7月10日付けで解除されたが、解除後も新たな製造受託先への移行までに必要な製造量については製造を継続する旨を20年12月21日付けで合意していた。その後、中・長期的な製造継続について扶桑薬と協議をしていたところ、22日付けで、改めて製造継続に関する合意書を締結した。

 午後零時31分現在の株価は13円高の316円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ