東芝、AIを活用し多摩都市モノレールの列車ダイヤ・車両運用を最適化

株式

2022/6/28 15:57

 東芝<6502.T>は27日、グループ会社の東芝インフラシステムズと、AI(人工知能)を活用した列車ダイヤ・車両運用の最適化を行い、多摩都市モノレール(東京都立川市)の3月12日のダイヤ改正にその成果を適用したと発表した。

 芝インフラシステムズは、多摩都市モノレールに導入している東芝グループの輸送計画ICTソリューションTrueLineのダイヤデータ資産をもとに、東芝研究開発センターが開発した現場のノウハウや制約条件を数理モデル化した輸送計画最適化AIを活用して最適化。それらにより、日々の各種作業計画が容易になり、計画に乱れが発生した場合にも迅速に再計画ができ、運用コストの削減効果もあることが認められたため、適用に至ったとしている。

 28日終値は、前日比38円高の5745円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ