電通グループ、JAXAと人工衛星データによる広告の高度化を通じた需要の創出と需給の最適化で共創活動

株式

2022/7/1 16:00

 電通グループ<4324.T>は1日、JAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)と、JAXA宇宙イノベーションパートナーシップのもと、人工衛星データ活用による、広告の高度化を通じた需要の創出と需給の最適化の実現に向け、共創活動を開始したと発表した。

 人工衛星データは、これまでも農業分野で農作物の収量増大や収穫時期予測に活用されてきたが、天候の影響によりデータが欠損し、解析が困難になるといった課題があった。今回の取り組みでは、その課題解決に向けた技術研究を行うとともに、それらの情報を、農作物や関連商品の販売時期に合わせた広告出稿のタイミングの調整に用いることなどを通じ、販売・広告施策にリアルタイムに反映させることで、積極的な需要創出と需給の最適化の実現を目指す。

 1日の終値は、前日比25円高の4100円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ