(再送)1日のPTS注目ポイント=アスクル、クラウディH、ALBERT、ワークマンなど

株式

PTS

2022/7/1 16:46

▽アスクル<2678.T>、連結子会社「アルファパーチェス」の株式上場の準備を開始することを決議。期末配当を従来予想の15円から

引き上げ16円で決定

▽クラウディH<3607.T>、未定としていた22年8月期の連結業績予想について、売上高92億円(前期比31.1%増)、営業損益3000万円の黒字(前期は17億3200万円の赤字)としている。

▽ALBERT<3906.T>、22年12月期の単体純利益予想を4億4600万円から6億4400万円(前期比82.4%増)に上方修正

▽ワークマン<7564.T>、23年3月期6月度の売上高は、既存店が前年同月比14.1%増で、全店は同20.3%増

▽ギグワークス<2375.T>、7月1日付で「悠遊生活」の全株式を取得。また、悠遊生活は「日本直販」の全株式を取得した

▽SANKO<2762.T>、「綜合食品」の発行する全株式の取得が完了

▽ウインパトナ<3183.T>、連結子会社「テスコ」が「トーセイメディカル」の全株式を取得することを決議

▽ENECHA<4169.T>、「新電力コム社」の発行済株式の全てを取得し、子会社化することを決議

▽日東電工<6988.T>、「Mondi社」のパーソナルケア事業に係る株式取得(子会社化)について、対象会社4社の全株式取得が完了

▽グッドS<7676.T>、関西エリア大阪府のMEGA専門店出店に向けた固定資産の取得を決議

▽松屋<8237.T>、22年6月の銀座本店(銀座店+浅草店)の売上高は前年同月比38.4%増

▽SGHD<9143.T>、23年3月期上期(22年4-9月)の純利益予想を410億円から490億円(前年同期比23.0%増)に上方修正

▽霞ヶ関キャピタル<3498.T>、取得期間22年7月4日-9月30日の予定で上限5億円、23万株(自己株式を除く発行済株式数の2.82%)の自社株買いを実施すると発表

▽アルゴグラ<7595.T>、「アドバンストテクノロジー社」の全株式を取得する旨の株式譲渡契約を締結し、子会社化することとした

▽メドレックス<4586.T>、出願中の「メマンチン含有経皮吸収型液剤」について、特許庁より特許査定が通知

▽スズデン<7480.T>、23年3月期6月度の個別売上高は57億8700万円で前年同月比25.0%増

▽主な決算発表=アスクル<2678.T>、霞ヶ関キャピタル<3498.T>、クラウディH<3607.T>、Eモーション<4394.T>、象印<7965.T>、ニトリHD<9843.T>

▽主な業績修正=キャンバス<4575.T>

▽主な月次=KeePer<6036.T>、東邦レマック<7422.T>、YU-WA<7615.T>、ダブルエー<7683.T>

*午後4時時点

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ