日経平均は218円高と4日ぶり大幅反発、引けにかけ締まる、東証プライム銘柄の8割超が上昇=4日後場

 4日後場の日経平均株価は前週末比218円19銭高の2万6153円81銭と4営業日ぶりに大幅反発。朝方は、前週末の米国株式市場で長期金利の低下を背景に主要3指数が上昇した流れを受け、買いが先行した。前週末に大幅に3日続落した反動もあり、前場の早い段階で2万6258円86銭(前週末比323円24銭高)まで上昇した。一巡後は、時間外取引での米株価指数先物の下げが重しとなり、先物売りを交えて上げ幅を縮小し、一時2万5945円83銭(同10円21銭高)まで押し戻された。その後は、根強い買いに持ち直し、引けにかけて引き締まった。なお、東証プライム銘柄の82%が上昇した。

 東証プライムの出来高は10億9779万株、売買代金は2兆4396億円。騰落銘柄数は値上がり1515銘柄、値下がり286銘柄、変わらず37銘柄。

 業種別では、東電力HD<9501.T>、東北電力<9506.T>、関西電力<9503.T>などの電気ガス株が上昇。INPEX<1605.T>、石油資源<1662.T>などの鉱業株も引き締まり、三菱商<8058.T>、三井物産<8031.T>、丸紅<8002.T>などの卸売株も高い。JPX<8697.T>、オリックス<8591.T>などのその他金融株や、大和証G<8601.T>、野村<8604.T>、SBI<8473.T>などの証券商品先物株も値を上げた。エムスリー<2413.T>、リクルートHD<6098.T>、楽天グループ<4755.T>などのサービス株や、トヨタ<7203.T>、SUBARU<7270.T>、いすゞ<7202.T>などの輸送用機器株も買われた。アステラス薬<4503.T>、エーザイ<4523.T>、中外薬<4519.T>などの医薬品株も堅調。

 半面、コスモエネH<5021.T>、富士石油<5017.T>などの石油石炭製品株が軟調。第一生命HD<8750.T>、T&DHD<8795.T>などの保険株も安い。

 個別では、東京エネシス<1945.T>、トビラS<4441.T>、ラクス<3923.T>、Ubicom<3937.T>、ウェザーニューズ(WNIウェザ)<4825.T>などの上げが目立った。半面、Wスコープ<6619.T>、ロードスター<3482.T>、KeePer<6036.T>などの下げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、31業種が上昇した。

(写真:123RF)

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ