日経平均は188円高、上げ幅縮小で一時は前場安値を下回る=5日後場

国内市況

株式

2022/7/5 12:51

 5日午後零時45分時点の日経平均株価は、前日比188円98銭高の2万6342円79銭。後場は、上げ幅を縮小して始まった。売り先行に一時は前場安値2万6340円02銭(前日比186円21銭高)を下回り、2万6306円87銭(同153円06銭高)まで押し戻された。その後は持ち直しているが、戻りは鈍い。昼休みの時間帯の東京外国為替市場では、円が1ドル=136円11-26銭のレンジ(前日終値は135円44-46銭)で推移していた。

 日経平均構成銘柄では、大平金<5541.T>、エムスリー<2413.T>、ファーストリテ<9983.T>などが値上がり率上位。半面、川崎汽<9107.T>、商船三井<9104.T>、大阪ガス<9532.T>などが値下がり率上位。午後零時45分現在、東証プライムの出来高は5億7928万株、売買代金は1兆3366億円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ