パラカが反発し連日で年初来高値、22年9月期第3四半期決算は大幅な増益で着地

株式

2022/8/3 15:59

 パラカ<4809.T>が反発、前日比57円高の1947円を付け、連日で年初来高値を更新した。3日午後零時30分、22年9月期第3四半期(21年10月-22年6月)の連結決算を発表。大幅な増益で着地し、好感された。

 第3四半期決算は、売上高が95億3400万円(前年同期比8.0%増)、営業利益が16億4800万円(同25.3%増)だった。新規駐車場の開設を進めるとともに、既存駐車場においても料金変更を機動的に行うなど採算性向上策を実施し、賃借駐車場、保有駐車場ともに好調に推移した。

 22年9月期業績予想は、売上高124億円(前期比5.4%増)、営業利益19億6000万円(同9.7%増)を据え置き。第3四半期決算の通期業績予想に対する進ちょく率は、売上高で76.9%、営業利益で84.1%となっている。

 3日の終値は、前日比47円高の1937円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ