マザーズ指数が続落、直近IPO人気は継続=新興市場・8日

 マザーズ指数が続落。東京市場全般は堅調な値動きとなったが、米国債の利回り上昇などを背景にグロース株への売り圧力が強まっており、逆行安商状となった。フリー<4478.T>やセルソース<4880.T>、モイ<5031.T>が安く、ウェルスナビ<7342.T>、ビジョナル<4194.T>も軟調。一方で短期資金による直近IPO(新規上場)銘柄物色は活発で、クラシコム<7110.T>やHOUSEI<5035.T>は人気となった。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ