帝国電機が年初来高値、23年3月期第1四半期決算は大幅な増収増益で着地し買い人気

株式

2022/8/10 11:01

 帝国電機製作所(帝国電機)<6333.T>が急騰。一時202円高の2000円ちょうどを付け、7月29日の年初来高値1853円を大きく更新した。9日引け後、23年3月期第1四半期(22年4-6月)の連結決算を発表。大幅な増収増益で着地し、買い人気を集めた。

 第1四半期決算は、売上高が60億3600万円(前年同期比25.2%増)、営業利益が9億8200万円(同2.2倍)だった。売上高は、電子部品事業が、自動車の減産の影響を受け減少したものの、ポンプ事業で、特に中国市場を中心としたアジア市場が増加したことで、増収を確保。利益面では、ポンプ事業の売上増や利益率改善などが寄与する。

 23年3月期業績予想は、売上高247億4000万円(前期比11.2%増)、営業利益が29億4000万円(同17.9%増)を据え置いている。

 午前11時時点の株価は、前日比138円高の1936円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ