アジアパイルが急伸し年初来高値を更新、23年3月期第1四半期業績の好進ちょくを評価

株式

2022/8/12 14:48

 アジアパイルホールディングス<5288.T>が急伸。10日引け後の決算発表で、23年3月期第1四半期(22年4-6月)の連結業績が好進ちょくを示したことが評価された様子。株価は前営業日比28円高の506円まで値を上げ、7月27日に付けた年初来高値498円を更新している。

 23年3月期第1四半期は、売上高277億6100万円(前年同期比14.1%増)、営業利益15億900万円(同20.8%増)。国内事業において、新工法「Smart-MAGNUM工法」を中心に大型工事が順調に進ちょくし、新工法による施工効率改善も寄与して2ケタの増収・増益を達成。営業利益の通期予想45億円(前期比2.1倍)に対する進ちょく率は33.5%となっている。

 午後2時45分現在は18円高の496円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ