エーザイ、ホンダや大分大学、臼杵市医師会と高齢ドライバーに関し共同研究契約を締結

株式

2022/8/12 16:15

 エーザイ<4523.T>は12日、ホンダ<7267.T>、大分大学、一般社団法人臼杵市医師会(大分県臼杵市)とともに、高齢ドライバーの認知機能や日常の体調変化と、運転能力との関係性について検証をするための共同研究契約を締結したと発表した。

 今回、健康データを収集するため、臼杵市医師会立市民健康管理センターにて健康診断と認知機能テストの一部を、大分大学医学部神経内科学講座で主に認知機能テストを実施する。認知機能テストには臨床診断のための画像検査と神経心理学的検査に加え、エーザイの脳の健康度セルフチェックツールを使用する。同時に、日々の体調データを、対象者が装着するウエアラブルデバイスを用いて測定する。また、運転能力(運転認知行動と運転操作)を、臼杵市医師会立コスモス病院で、ホンダのドライバー行動・状態モニタリング研究技術を活用したツールを使い計測することで、健康データや日々の体調と運転能力がどのような関係性を有しているのかを検証するという。

 12日の終値は、前営業日比20円高の6115円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ