日経平均は270円程度安、採用銘柄の値下がり率上位に、リクルートH、信越化、ヤマハなど

国内市況

株式

2022/8/18 10:36

 18日午前10時31分すぎの日経平均株価は、前日比270円程度安い2万8952円前後で推移。午前9時37分には、同376円25銭安の2万8846円52銭を付けている。朝方の売りが一巡した後、再度、下値を試す場面がみられた。時間外取引で米株価指数先物が下げ幅を縮小していることもあり、下げ渋る動きとなっているもよう。為替市場では、ドル・円相場が1ドル=134円80銭前後(17日は134円79-81銭)と、朝方の水準よりも円高方向に振れている。

 日経平均採用銘柄では、値下がり率上位に、リクルートHD<6098.T>、信越化<4063.T>、ヤマハ<7951.T>、昭和電工<4004.T>、ZHD<4689.T>がランクイン。値上がり率の上位には、板硝子<5202.T>、日立造<7004.T>、関西電力<9503.T>、INPEX<1605.T>、住友鉱<5713.T>が入っている。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ