オンコリスBが急騰、OBP-601の進行性核上性麻痺を対象としたPhase2a臨床試験の組入れ完了

株式

2022/8/18 13:30

 オンコリスバイオファーマ<4588.T>が一時急騰。17日引け後に、同社が「Transposon社」にライセンスを供与している核酸系逆転写酵素阻害剤OBP-601に関し、「Transposon社」が進めている「進行性核上性麻痺(PSP)」を対象としたPhase2a臨床試験において、42例の組入れが行われ患者登録が完了したと発表したことが材料視された様子。株価は前日比40円高の575円まで値を上げる場面があった。

 午後1時26分現在の株価は6円高の541円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ