アナリストの視点:米国は「逆イールド」の発生で景気後退局面入りか、過去には利下げで株安継続の場合も

視点

2022/8/22 19:00

 今回は、米国の景気後退入りのシグナルの一つとしてこのところ取り上げられることが多い「逆イールド」をみてみた。そもそもイールド(yield)とは利回りのことで、例えば金利が2%から3%に上がると、現在・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ