日経平均は389円安、構成銘柄ではユニチカ、ダイキン、第一三共などが値下がり率上位

国内市況

株式

2022/9/21 11:02

 21日午前11時時点の日経平均株価は前日比389円39銭安の2万7299円03銭。朝方は、20日の米国株式市場で長期金利の上昇を背景に主要3指数が下落した流れを受け、売り優勢で始まった。いったん下げ渋る場面もあったが、戻りは鈍く再び軟化、下げ幅を拡大し、2万7300円割れ水準で軟調に推移している。

 日経平均構成銘柄では、ユニチカ<3103.T>、ダイキン<6367.T>、第一三共<4568.T>などが値下がり率上位。半面、日製鋼<5631.T>、昭電工<4004.T>、T&DHD<8795.T>などが値上がり率上位。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ