豊田合成、「CNF強化プラスチック」を用いて軽量化した製品運搬コンテナを作製

株式

2022/9/21 15:37

 豊田合成<7282.T>は20日、車の内外装部品向けに開発した「CNF(セルロースナノファイバー)強化プラスチック」を用いて軽量化した製品運搬コンテナを作製し、9月から同社工場内での活用を開始したと発表した。

 今回、同社では工程内で使用済のポリプロピレン製コンテナのリサイクル材にCNF強化プラスチックを配合し、6%軽量化したコンテナを作製。従来のコンテナに比べ、ライフサイクル全体で6%の二酸化炭素削減を見込んでいるという。

 21日の終値は、前日比64円安の2336円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ