<米国株情報>連邦地裁、司法省のユナイテッドヘルスとチェンジ・ヘルスケアの合併禁止要求を拒否

株式

2022/9/22 10:27

 コロンビア特別区(首都ワシントンDC)の連邦地裁は19日、司法省が医療保険大手ユナイテッドヘルス・グループとヘルスケア(健康管理)テクノロジー大手チェンジ・ヘルスケアの合併禁止を求めた差し止め訴訟で、司法省側の請求を棄却した。

 ただ、連邦地裁は司法省の差し止め請求を棄却する代わりに、ユナイテッドヘルスとチェンジに対し、被告側の提案通り、診療報酬請求処理ソフト「クレイムズXテン(ClaimsXten)」事業をプライベートエクイティ(PE)ファンド大手TPGに売却するよう命じた。

 ユナイテッドヘルスは21年1月、傘下のPBM(薬剤給付管理)・医療サービス大手オプタムを通じ、チェンジ・ヘルスケアを買収することで合意。21年内に買収手続きは完了する予定だったが、司法省が2月に医療保険や診療報酬請求処理など医療サービス市場での公正競争に悪影響が及ぶとして、両社の合併を阻止する訴訟を起こしていた。

 今回の判決に対し、司法省は控訴する構え。他方、ユナイテッドヘルスはこの判決を評価した上で、買収手続きをできる限り早めたい考え。12月末までに完了するとしている。

<関連銘柄>

 NASD投信<1545.T>、NYダウ投信<1546.T>、上場米国<1547.T>、

 SPD500<1557.T>、NYダウ<1679.T>、NYダウブル<2040.T>、

 NYダウベア<2041.T>

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ