ボトル入りミネラルウォーター大手の農夫山泉、22年1〜6月期は茶飲料が好調で増収増益

サーチナ

中国株

2022/9/28 9:16

 中国の飲料大手、農夫山泉(09633/香港)が9月23日、2022年1〜6月期の半期決算を発表した。特に茶飲料が好調で、前年同期に比べて10%前後の増収増益となった。

 同社は新安江養生堂飲用水として1996年に設立。97年にボトル入りウォーターブランド「農夫山泉」を立ち上げ、中国を代表する飲料水ブランドの一つに成長した。20年9月に香港証券取引所メインボードに上場した。

 22年1〜6月期の売上高は165億9876万元で、前年同期の151億7475万元から9.38%増加、当期純利益は46億832万元で、前年同期の40億1291万元から14.83%増加した。

 当期の売上構成は、飲料水製品が93億4900万元で56.3%、茶飲料製品が33億700万元で19.9%、機能性飲料製品が20億2300万元、果汁飲料製品が12億7500万元で7.7%となっており、中でも茶飲料製品は新製品の売れ行きが好調で前年同期比51.6%増と大きく伸びた。一方、飲料水製品は1〜3月期に好調だったものの、4〜6月期は新型コロナの影響を大きく受けて低迷し、前年同期比4.8%の増加にとどまった。

 また、当期の粗利率が59.3%と、前年同期の60.9%から1.6ポイント減少した。同社は、国際原油価格の高騰によりPET容器の仕入れ原価が上昇したことが主な原因としている。(編集担当:今関忠馬)(写真:123RF)

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ