パナソニック、健康的で快適なオフィスをサポートする「フレキシブルゾーニングソリューション」の受注開始

株式

2022/9/28 15:59

 パナソニックホールディングス<6752.T>は27日、グループのエレクトリックワークス社が、光と音の連携制御によりオフィス空間の環境を柔軟に変更することで、ワーカーの満足度向上や行動変化を促し、健康的で快適なオフィスの実現をサポートする「フレキシブルゾーニングソリューション」の受注を10月から開始すると発表した。

 今回発売する「フレキシブルゾーニングソリューション」は、光と音を連携制御し環境ゾーニングを行うことで、ABW(Activity Based Working)型オフィスに向けた3つのシーンを提供。リラックスやコミュニケーションのしやすいCafe-mode、リフレッシュや気分転換のしやすいNature-mode、ソロワークなど集中しやすいBooth-modeから、ワーカーが仕事内容や気分にあわせて環境を選ぶことでABWを促進する。また、定期的なゾーニング配置の切替えにより、ワーカーの行動変化を促し、コミュニケーションの促進を図ることも可能という。

 28日の終値は、前日比7円安の1036円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ