日産自、EV利用証明「ブルー・スイッチカード」の運用を10月11日から開始

株式

2022/9/28 16:00

 日産自動車<7201.T>は27日、脱炭素化や環境負荷低減の取り組みの一環として、EV(電気自動車)優遇施策を実施している地域をEVで訪れた際に、そのサービスを簡易に受けられるEV利用証明のひとつとなる、「ブルー・スイッチカード」の運用を10月11日から開始すると発表した。

 「ブルー・スイッチカード」は、同社のコネクテッドカーサービス「NissanConnectサービス」が提供するEVオーナー向け「NissanConnect EV」アプリの新しい機能として、スマートフォンの画面上にEV利用を簡易に提示、証明するもので、施設側での確認をスムーズに行うことが可能という。まずは、熊本県阿蘇市、長崎県佐世保市で利用が可能という。

 28日の終値は、前日比13.2円安の484.7円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ