<今日の仮想通貨市況>BTCは戻り試す、欧米の長期金利低下で買い戻し

仮想通貨

2022/9/29 9:18

 28日午前9時15分現在の暗号資産(仮想通貨)は、ビットコイン(BTC)が1BTC=281万円前後(過去24時間比1.8%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=19万4000円前後(同0.6%高)、XRP(XRP)が1XRP=65円前後(同0.3%高)となっている。

 28日の午前中にビットコインは一時1万8000ドル台半ばまで調整したが、同水準は年初来安値圏で6月以降は下げ止まる傾向にあることから、この日も下げ止まった。夕方まではほぼ横ばいで推移したが、夜になって買い戻しが強まり、1万9000ドル台を回復。翌29日未明にかけて戻りを試した。

 BOE(イングランド銀行、英中銀)が英国の長期国債を買い入れると発表したことで欧米の長期金利が低下し、買い戻しが優勢となった。

 このほかでは、EU(欧州連合)が域内のロシア人が暗号資産を保有する場合の制限を強化する意向であると一部で報じられている。これまでは1万ユーロ相当の暗号資産を保有することができたが、今後は保有自体を禁止するとしている。

(イメージ写真提供:123RF)

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ