<今日の仮想通貨市況>ビットコインは方向感乏しい、XRPは朝方に一時急伸

仮想通貨

2022/9/30 9:21

 30日午前9時10分現在の暗号資産(仮想通貨)は、ビットコイン(BTC)が1BTC=283万円前後(過去24時間比0.5%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=19万3000円前後(同0.4%安)などとなっている。XRP(XRP)が1XRP=70円前後(同7.4%高)となどとなっている。

 29日の主要な暗号資産は方向感の乏しい展開。ビットコインは1万9000ドル台での推移となり、NYダウの大幅安などを受けて売りが強まる場面では1万8000ドル台まで下落したが、すぐに持ち直した。

 一方、XRPも29日から30日の未明まではほぼ横ばいで推移したが、30日早朝になって買いの勢いが強まり、2時間弱で10%超の上昇となっている。

 XRPが有価証券か否かをめぐる係争で、米連邦地裁の判事が元SEC(米証券取引委員会)法人金融部長のウィリアム・ヒンマン氏が書いた文書を公開する判決を下したと伝えられている。これは18年6月のヒンマン氏によるスピーチに関するもので、ヒンマン氏はスピーチの中で、「ビットコイン、イーサリアムは有価証券ではない」と述べていた。

(イメージ写真提供:123RF)

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ