<個別株動向>アークランズ、ファーストリテ、INTLP、良品計画、Unipos=5日後場

株式

2022/10/5 15:09

 アークランズ<9842.T>―投資ファンドのシティインデックスイレブンスが4日に大量保有報告書を提出、グループでの保有割合が5.06%となったことが判明。前日比154円高の1645円。

 ファーストリテ<9983.T>―国内ユニクロ事業の9月既存店売上高は前年同月比11.0%増、3カ月連続で前年を上回る。前日比720円高の7万8580円。

 INTLP<9556.T>―4日の株式新聞がIT人材の不足が慢性化するなか、業績は急拡大、成長性を本格的に評価する局面に入ったと報じる。前日比345円高の4650円。

 良品計画<7453.T>―9月度の既存店売上高は前年同月比13.9%減、4カ月連続で前年を下回る。前日比40円安の1213円。

 Unipos<6550.T>―連日で急騰した反動で売りが優勢となる格好に。前日比31円安の215円。

◎未確認情報などが含まれており、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ