<きょうの材料と有力銘柄>

 自殺防止のための厚労省のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)相談事業の利用件数が、2021年度までに約26万件に達したと伝わった。18年度で延べ2万件強だったが、4年で10倍以上に拡大し・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ