アナリストの視点:株安・債券安の中でファンドの平均保有期間伸びる、つみたてNISA対象の米国株式インデックスや国内株式アクティブがけん引

視点

2022/11/11 9:00

 年初から世界的な株安、債券安に見舞われている2022年。インフレ高進とその対応のための各国の利上げ、ロシアによるウクライナ侵攻の長期化、中国のゼロコロナ政策などを受けて景気減速懸念が強まり、11月9・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ