チェンジ、子会社ガバメイツがりらいあと自治体支援事業の共同営業に向け基本合意

株式

2022/11/24 15:35

 チェンジ<3962.T>は22日、子会社のガバメイツが、りらいあコミュニケーションズ(りらいあ)<4708.T>と、複数の自治体が利用できる共同利用型BPO(データクレンジングセンター)の開発および、自治体支援事業の共同営業に向けた基本合意書を締結したと発表した。

 今回、さまざまな自治体業務の受託経験から、自治体BPOの構築ならびに運用ノウハウを保有するりらいあと、全国200以上の自治体と連携してきた実績から、300万件以上の業務量調査データ、1万件を超える業務手順書のデータが登録・公開されている独自の自治体DX(デジタルトランスフォーメーション)支援プラットホーム(Govmates Pit)を有するガバメイツが協業することで、両社の持つ強みを活かし、自治体DXを支援する。

 24日の終値は、前営業日比175円安の2125円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ