<個別株動向>アミタHD、セルム、四国電力、シンクロF、カルビー=28日後場

株式

2022/11/28 15:05

 アミタHD<2195.T>―23年1月5日(予定)付で、web3関連技術を活用する子会社AMIDAOを設立へ。前週末比300円ストップ高配分の1577円。

 セルム<7367.T>―23年3月31日を効力発生日として、連結子会社RISE Japanを吸収合併。前週末比7円高の701円。

 四国電力<9507.T>―23年4月1日からの規制料金の値上げ(平均28.08%)を経済産業相に申請。前週末比8円高の776円。

 シンクロF<3963.T>―28日に130万株の立会外分売を実施し、短期的な需給関係の悪化を警戒する動きに。前週末比36円安の496円。

 カルビー<2229.T>―SMBC日興証券は25日付で、目標株価を3400円から3350円に引き下げ。前週末比18円安の2918円。

◎未確認情報などが含まれており、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ