Vキューブ、横浜市と「災害時における迅速・円滑な状況把握と情報管理に向けた映像等の活用」で実証実験

株式

2022/11/29 15:51

 ブイキューブ(Vキューブ)<3681.T>は28日、神奈川県横浜市が運営する行政の業務やサービスにおける課題・改善要望(ニーズ)と、それを解決する民間企業等が有するデジタル技術(シーズ)提案をマッチングするオープンなプラットホーム「YOKOHAMA Hack!」において、「災害時における迅速・円滑な状況把握と情報管理に向けた映像等の活用」のテーマで実証実験を開始すると発表した。

 「YOKOHAMA Hack!」は、デジタル・ガバメントの取り組みとして、行政の業務やサービスにおける課題・改善要望(ニーズ)と、それを解決する民間企業などの有するデジタル技術(シーズ)提案をマッチングするオープンなプラットホーム。今回の実証実験では、現場状況を映像により把握する手段の検討や、映像を効果的に表示・管理するためのシステムを構築することで、リアルタイムの情報共有による災害対応効果や、新たな情報収集作業による現場職員への負荷などを検証する。

 29日の終値は、前日比6円安の804円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ