29日のPTS注目ポイント=恵和、ワコム、アスクルなど

株式

PTS

2022/11/29 16:20

▽恵和<4251.T> 12月31日を基準日として、普通株式1株を2株に分割する株式分割を発表

▽ナイガイ<8013.T> 希望退職者募集の結果と、それに伴う特別損失の計上を発表。今1月期の最終損益見通しを5.4億円の赤字から7億円の赤字(前期は1.2億円の黒字)に引き下げ

▽前田工繊<7821.T> 自己株式の取得と自己株式の公開買付けを発表

▽ワコム<6727.T> 英投資ファンドのアセット・バリュー・インベスターズの保有比率が11月28日時点で9.54%から10.13%に変動したと発表

▽セラク<6199.T> 「上場維持基準の適合に向けた計画書」を開示。プライム市場の上場基準に対し、8月31日時点で流通株式時価総額が基準を満たしていないため、27年8月期末までに取り組みを進めるとしている

▽日製鋼<5631.T> 子会社の日本製鋼所M&Eでの製造検査に関する不適切行為に係る役員の処分を発表

▽サンバイオ<4592.T> 慶應義塾大学医学部と「SB623」のアルツハイマー型認知症を対象とした共同研究に関する契約を11月21日に締結したと発表

▽ココナラ<4176.T> 譲渡制限付株式報酬としての新株式発行を行うと発表

▽アスクル<2678.T> 11月度の単体売上高は前期同月比0.4%減。主力分野のBtoB事業は同3.1%増となり、稼働日修正後では7.7%増と推測。一方、個人向けの「ロハコ」は前年同期の販促の影響や海外需要向けの減少などで同22%減に

▽HKS<7219.T> 「上場維持基準の適合に向けた計画に基づく進捗状況」を開示。8月31日時点におけるスタンダード市場への適合状況において、株主数が基準を満たしておらず、計画期間を1年延長し23年8月末までに基準を満たすべく取り組みを進める

▽菱洋エレク<8068.T> 23年1月期の連結営業利益の見通しを、従来の36億円から42億円(前期比86%増)に上積み

▽ヒマラヤ<7514.T> 「上場維持基準の適合に向けた計画に基づく進捗状況」を開示

▽日東工器<6151.T> 福島おおざそうインター工業団地(福島県福島市)に用地を取得し、新工場を建設する計画を発表

▽ヨシムラFH<2884.T> 削り節、だしのほか、最中に入ったお吸物などを販売する林久右衛門商店(福岡県福岡市)の株式を取得し子会社化すると発表

*午後3時45分時点

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ