今晩のNY株の読み筋=パウエル議長の講演を控え見送りも

株式

2022/11/29 17:11

 新型コロナウイルス対策への抗議活動で揺れる中国で午後4時から同国政府が会見を開き、高齢者へのワクチン接種の強化や政策の微修正を続けると述べたことが伝わっている。ただ、本稿執筆時点で踏み込んだ内容は確認できず、米株価指数先物にも目立った動きはみられていない。規制の緩和や、抗議活動の収束などがみられなければ上値の重い展開が続きそうだ。一方、28日にはFRB(米連邦準備制度理事会)高官からタカ派的な発言が相次いだ。30日にパウエルFRB議長の講演を控えており、次第に見送りムードが強まりそうだが、警戒感が先行すればポジション調整の売りが強まる可能性もある。

<主な米経済指標・イベント>

米9月S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数、米11月消費者信頼感指数

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ