厳しい事業環境で異彩放つ、「好収益体質」銘柄をマーク

ニュース

2022/12/2 9:36

 原材料高や円安による輸入コストの拡大に各社が苦しんでいる。東証プライム銘柄の今3月期第2四半期(7~9月)は、営業利益率が前年同期比、前四半期比でいずれも低下した。ただ、そうした中でも収益性を高めて・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ