日経平均は551円安、構成銘柄では三菱自、第一三共、日製鋼などが値下がり率上位

国内市況

株式

2022/12/2 11:01

 2日午前11時時点の日経平均株価は前日比551円68銭安の2万7674円40銭。朝方は、1日の米国株式市場でNYダウやSOX指数(フィラデルフィア半導体株指数)が下落した流れを受け、広範囲に売りが先行した。円高・ドル安も重しとなり、先物に断続的な売りが出て下げ幅を拡大し、足元では2万7700円割れ水準で軟調に推移している。

 日経平均構成銘柄では、三菱自<7211.T>、第一三共<4568.T>、日製鋼<5631.T>などが値下がり率上位。半面、サイバー<4751.T>、花王<4452.T>、シャープ<6753.T>などが値上がり率上位。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ