マザーズ指数が反落、マイ波化学など売られる=新興市場・2日

 マザーズ指数が反落。東京市場全般が大幅安となる中で、投資家心理が悪化してグロース市場にも売りが先行した。マイクロ波化学<9227.T>、エヌ・ピー・シー<6255.T>、ビリングシステム<3623.T>などが売られた。一方で短期資金は直近IPO(新規上場)銘柄に向かっており、サイフューズ<4892.T>、ウェルプレイド・ライゼスト<9565.T>などが高騰。スタンダードではワークマン<7564.T>が安い。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ